春到来

菜の花畑

noriは春がもうすぐだと言っていましたが、私はもう来たなと感じています。

日脚伸びる

というのも、憂鬱な花粉症の症状が出始めたからです。

先週からしばらく薬を飲んでいたので、昨日のニュースで「ピーク始まり」とされても、幾分症状は緩和されているものの、やっぱり目はゴソゴソするし、鼻もムズムズ、鼻水もいつもより多く出始めています(泣)。

これから5月のGW頃まで続くと思うと、毎年のことですが、気がふさぎがちになりますね。薬なしではやっていけません(ヤクチュウか?!笑)。医学の進歩に感謝。

こんなわけで、春と言えば、悲しいかな、まずは花粉症なのです。高校生くらいまではなんてことなかったのに…なんでこんなふうになってしまったのか…体質が変わったのか、飛ぶ花粉の量が激変したのか、あるいは他の要因か…一度きちんと調べてみたいものです。



それでも春は花の季節。そこかしこで色とりどりの花が咲き始めますよね。

先日明和のイオンへの通り道で、菜の花畑を見かけました。とても鮮やかで見事な咲きぶりでした。

そして我が家にも…。

ヒイラギナンテン(柊南天)
ヒイラギナンテン(柊南天)
ジンチョウゲ(沈丁花)
ジンチョウゲ(沈丁花)

北向きの半日陰で育っているので、普段はやや時期が遅れ気味だと思いますが、今年は特に暖かかったので、これでちょうど平年並みくらいなんでしょうね。

ジンチョウゲはまだ香りがあまりしませんが、もう少し咲くと、何とも言えない幸せな香りが漂います。ちなみに、私の誕生花がジンチョウゲなので、少しひいき目に見ていますが…大好きな花のひとつです。花粉症であまりに鼻が詰まってしまうと、この素敵な香りを楽しむことができなくなるのですが、最近は薬のおかげでそんなこともなくなりました。やっぱりクスリは手放せません…(笑)。

これから咲く桜やチューリップ、ツツジなどが楽しみですね。

コメントを残す