期待の作曲家 ブライアン・タイラー

『ジュラシックパーク』の話から、ジョン・ウィリアムズの音楽を聴いていたら、

ブライアン・タイラー(Brian Tyler)という作曲家の演奏が出てきた。

この人は自分の指揮した演奏を自らYouTubeにあげている。

そう、まだ47歳と若いのだ。

演奏がかっこよすぎる!特にドラムがすごい!バスドラおかしいでしょ。オーケストラとだよ。

映画『ワイルド・スピード5』のテーマ曲。ドラムは本人が演奏。

ちなみに『ワイルド・スピード』シリーズの3~5作目、7・8作目の音楽を担当している。

F1のテーマ曲が2018年に変更されたが、その新曲を手掛けた。

1987年の中継以降使われてきたT-SQUAREの『TRUTH』に次ぐ曲だ。

映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のテーマ曲。

マーベルが出しているアメコミの実写版シリーズで、『マイティ・ソー』の2作目。

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(『アベンジャーズ』の2作目)も担当。

マーベルってものすごくたくさん出してるのね。

『スパイダーマン』、『トランスフォーマー』、『アイアンマン』…などなど。

ディズニーが買収した後、アニメ化が進んだようだ。

 

で、だいぶパワフルな人だなぁ~と思いきや、なんとまぁ!

こんなjazzyなサウンドも出している。しかも本人がピアノ弾いてまたドラムたたいてる。

そしてスタンディングオベーション。

そしてとてもromanticで涙が出そうな曲も。

 

これだけ音楽がいいとつい映画を見たくなってしまいますね。危険、危険…。

とにかく、音が新しい。新時代が来た気がする。

そしてハーバード大学とUCLAを卒業してる…。

一体何者なんだ??凄まじい可能性を持った人のようです。

今後が楽しみな作曲家です。