論理的思考

論理とは、物事を考えたり進めたりするための筋道のことをいいます。たとえば…

  • 目の前にある問題を解決するために、何から始め、どう紐解いていけばよいのか。
  • 人に正しく気持ちや考えを伝えるために、どのようにしたらよりわかりやすく伝えられるか。

もちろん解き方や表現の仕方はひとつではありません。アートやスポーツで意思の疎通が図れることもあれば、背景となる歴史や文化、感情の理解が必要なこともあります。ただ、私たちは日常的に、数字や記号を含む、文字や言葉でやり取りをしています。それらを的確に読み解いたり適切に使えたりすると、物事をより円滑に進められますよね。

また、最近の入試問題は、全体的に長文化してきています。問題を正しく読めなければ、どんなに知識があっても経験が豊富でも、その先の解決に至ることはできません。大人になってからだと、たとえば取扱説明書が読めないと困ります。

つまり、論理的思考を鍛えることは、全教科の基礎になる部分を構築するだけでなく、人生をより豊かにすることにつながるといえるでしょう。

当塾では短文から正しく読んで書けるよう、小学時より論理的思考のトレーニングを行っています。算数においても、計算のスピードではなく、数の感覚や空間を認識する力が身につくよう、論理的思考を重視した問題に取り組んでいます。

論理エンジン

【対象】幼児~高校生

単語と単語のつながり方から文と文の関係、文章の構成などを考えていきます。言葉のつながりを理解し、その使い方を意識し始めると、論理的思考ができるようになり、長文を正しく読み取ることや作文を上手に書くことができるようになります。「言葉っておもしろい」と感じさせてくれる教材です。

算数・数学ラボ

【対象】小学生

『数学は言葉である』と言われるように、数や記号は言葉を集約したものです。算数や数学では、それらを本来の言葉にしてかみ砕いたり、反対に思考を数字や記号でまとめたりすることが必要です。データや統計が重視される現在、ますますその重要性が高まっています。級別なので、自分のレベルに合ったものでじっくり力をつけていけます。