朝、パンを食べていたら…突然!(こんな日もあるものだ)

今日は朝起きたらもう早いうちに病院に行ってこよう、と決めていました。

というのも、先週娘が胃腸炎になってから、私は咳が出始めて、2日ほど夜あまり寝られず、これではキツいと思ってたんです。

そして今朝のこと。

我が家の朝食はパンが多いのですが、今日も普通にパンにジャムをつけて食べていました。

そろそろ子どもを起こさなきゃいけないなぁ…と思っていたら、

!!

噛む感触がなんか変…。

なんだ、この違和感は…。

まもを、、もぞもぞゆっくり噛んでいたら…

がりっ!!とものすごい音がして、

なんじゃ?!とお皿の上に出してみると…

歯!!

歯が抜けた???

なんで???

歯(PettyconによるPixabayからの画像 )
歯(PettyconによるPixabayからの画像 )

 

鏡を見に行くと、前歯が、ない。

そうです。差し歯が抜けたんです。

支柱となる小さな歯だけが残り、それを覆う歯がなくなっているという状態。

 

ひとまず歯医者の予約をしました。

でも12時半。

それまでに医者に行ってきたい。

歯抜けのまま口を開けて診察か…。仕方がない。

 

医者、行ってきました。

先生に話をしたらクスッと笑われ、恥ずかしかった…(泣)

どうしようもないですからね、薬のためならエンヤコラ。

 

そして帰ってお昼ご飯を食べました。

が、今度はnoriさんに思い切り笑われ、しかも噛みにくいので右半分の歯で食べてる感じ…。食べるのも遅い…。疲れる…。

急いで歯医者に行きました。



そもそもなぜ差し歯なのか?

小学生のとき、公園に川が流れていて、側に立ち入り禁止の岩場があったんですね。

ちゃんとチェーンが張られていて、ここで遊ぶと危険、というのは誰もがわかるという場所。

でも子どもですからね、バカなんですよ。

突然ひらめいた遊びが、チェーンを飛び越えて向こう側にある大きな岩に触って戻ってくる、というどうしうもないもの。

案の定、チェーンにつまづいて、ゴツゴツの岩場に顔から落ちました。口から血をダラダラ流して歩きながら帰ってきました。

一緒に歩いてくれた友達は、怖かったと思います(笑)

 

夜になってから親が歯医者へ連れて行ってくれ、そこで3本、歯を抜きました。

なんせ欠けたり曲がったりとひどい状態でしたからね。

麻酔をかけたとは思うんですが、とても痛かったのは覚えています。

それから差し歯を作ったのですが、しばらく通院して、それ以降クリーニングもマメに行ってたほうだと思います。

おかげですっかり歯医者慣れしました。

怖いとか苦手と思ったことはないですね。思う間もなかったというか。

大人になってからは、口を開けたまま寝てしまったこともあります…(笑)

 

とにかく、アホな思い出ですね。

こんなカタチで思い出すことになるとは思っていませんでしたが。

 

差し歯の歯が欠けた?

歯医者へ行って、歯を見てもらい、まず言われたのが、

「何らかの衝撃が歯に損傷を与えたかもしれませんね」

…思い出した。

昨夜のご飯のカボチャ。お肉と炒めて味は良かったのだが、皮付きのまま炒めたのが間違いだった。

中の実の部分はホクホクで柔らかかったので、パクパク食べていたら…

ガリッ!

まるで金属を噛んだかのようにメチャクチャかたかった。

まさかカボチャの皮が、こんなにかたいものとは思いもよらず。

これが原因だったのではないだろうか?

 

いや、待てよ。

まだある。

1週間くらい前、2歳の息子の頭が口に激突したのだ。

私の上唇は切れて出血。ポンポンに腫れてしまい、しばらく食べづらく、しゃべりづらかった…。

それが引き金となってカボチャでとどめだったのではないか。

まぁ今となっては何が原因だなんてどうでもいいことなのだが…。

 

結局、差し歯は手放すことにしました。

30年以上も前に作ったもので、かつ損傷があるのなら、作り替えるしかないでしょう。

とんだ出費ですが、仕方がない…。

とにかく朝からドタバタした一日でした。

 

結論!アホな遊びはやめておいたほうがいいでしょう!