新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

読書記録

AIに仕事を奪われないようにするためには、人間は何をするべきか、どのような能力を身につける必要があるのかを解明しようと、著者は東ロボくんを作ります。その結果、ロボットが東大に合格できる可能性があることを示すと同時に、今後の社会の劇的な変化も危惧しています。