『アナ雪2』、見てきました。

先月『アナと雪の女王2』を見てきました。

長女にせがまれたのと私自身見に行きたいというのとで。

ネタバレにもなるので、まだ見ていない人はご注意くださいね。

 

見る前のCMから受けた印象は、正直なところ「暗い」「怖い」というマイナスの要素ばかり。

あの「あ~ああ~♪」という声の影響もあるでしょう。

果たしてその印象を払拭できるほどのものがあるのか、という気持ちで見に行ったのですが…

ありました!!十分にありました!!

その「暗い」「怖い」イメージは、声を求めて出発した冒険の中でつきまとうのは確かで、

それは未知の旅には現実でも存在する「不安」から来るものであって、

それが命懸けで危険なものであるからこそその「不安」が大きくなり、

「暗い」「怖い」旅にさせている。

死ぬかもしれない。愛する人を失うかもしれない。

不安で怖くてたまらない。

それでも、それ以上に、その道を進もうとする強い気持ちが素晴らしい。

自分自身が何者であるのかを知ろうとする勇気。

自分を直視しようとする強い気持ち。

そしてそれを支える周囲の者の強さ。

とにかく作品全体にその力強さがあって、

そんな「暗い」「怖い」イメージを打ち払うほどたくましい。

気付いたら、見終わった後、涙が流れていました。

驚いたことに、一緒に見ていた長女も。

言葉でどうとかは言ってこなかったし、表現できなかったのかもしれないけど、

きっと感じるものがあったのでしょう。

最近私に訴えてきます。

「また見たい」と。

なんと次女も同じように言ってくるのですが、

次女の場合はよくわかりません。

だって彼女は映画館でずっと「おウチにかえりたい」と言ってましたから(笑)

引き留めておくのにお菓子を食べさせ、膝に乗せ、おもちゃを買う約束をして…。

とにかく大変でした。

でも見に行ってよかったです。

歌は聞けば聞くほどいい

主題歌も挿入歌も、1と負けず劣らず素晴らしいです。

最初の「暗い」イメージは歌にもあったのですが、

聞けば聞くほどそんなイメージはなくなっていき、むしろ力強さが出てくる。

まるで噛めば噛むほど味が出る白米みたいな。

そのせいか、1より2のほうがずっと好きになりました。

 

キャストも素敵ですよね。

エルサ役の松たか子は期待通り圧倒的で力強いし、アナ役の神田沙也加も歌を聞くと今でも涙が出ます。

イドゥナ王妃役の吉田羊の歌も何気に意外で良い。

何よりも新鮮だったのは、オラフ役の武内駿輔。1のピエール瀧の後継なのに、それを思わせないほど違和感なく、歌もとてもうまい。しかしまだ22歳という若さには驚いた。第二の山寺宏一と言われるほど注目されているようで、今後が楽しみです。

 

まだ日本版しか見ていないので、DVDが出たら買って字幕版も見てみたいですね。

授業でもシーンの紹介などしていきたいと思います!

アナ雪2
アナ雪2