FAVORITE MUSIC Vol.1 Ovall

久しぶりにお気に入りのアーティストを見つけた。

若い時ほど音楽を聴く機会が減っているのでなかなか良いアーティストを見つけにくくなっている。

そんな中で今回は素晴らしいアーティストに出会った。

Ovallだ。

Shingo Suzuki、mabanua 、関口シンゴによるトリオバンド。

メンバー全員がソロアーティスト/ミュージシャン/プロデューサーとしても活動するマルチプレイヤー集団。
2006年から現メンバーでの活動を本格化、現在に至るまでジャンルよりもミュージシャンシップを軸に置く姿勢を貫く。

ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロックを同列に並べ、生演奏もサンプリングもシームレスに往復し、楕円(オーバル)のグルーヴの中に音を投げ込む。

その斬新なスタイルと唯一無二のサウンドは徐々に時代を吸い寄せ、国内外の映像作家、映画監督、そして様々なアーティストからプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到。

それぞれがソロ活動を活発化させるが、個々が多忙を極めたことが諸刃の剣となり2013年にバンド活動を休止、それぞれの表現を追い求め始める。しかし「この3人ならではのアンサンブルが聴きたい」という要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で、4年の歳月を経て2017年に再始動。

直後よりFUJI ROCKなど国内の大型フェスに出演、そして世界中のアーティストとのコラボレーションや海外でのライブツアーも行う。

ソロ活動で培ったスキルやノウハウをお互いに持ち寄り、今日もバンドは楕円を描きながら転がり続ける。

Ovall official website (最終閲覧日:2020年1月17日)http://ovall.net/biography/

オフィシャルサイトからの引用なんですけど、とにかく自己紹介文だけでも魅力的だ。

”今日もバンドは楕円を描きながら転がり続ける”なんて素晴らしいと思います。

この何とも言えないグルーヴ感。ライブ行ってみたいですよね。

ちなみに長女はこのOvall見て、ベースがやってみたいとか言い出してますが・・・(笑)

Ovall official website