秋の空 見上げてみると おもしろい

最近、買い物や娘を迎えに外出するとき、やたらまぶしく感じる。

秋は空が晴れ渡ると雲が少なくて、目に入る光の量が増えるのだろうか。

ふと見上げてみると、雲の形にハッとさせられる。

格子雲・いわし雲
格子雲・いわし雲
筋雲?いわし雲?ひこうき雲?
筋雲?いわし雲?ひこうき雲?

空を眺める楽しみも秋の醍醐味のひとつですよね。

今年の秋は暖かくて、少しずつ冬支度をしている感じがします。

それでも朝晩の冷え込みが増してきました。

冬を迎えるにあたって、好きな詩をひとつご紹介します。

 

「冬が来た」  高村 光太郎

冬が来た
きつぱりと冬が来た
八つ手の白い花も消え
公孫樹(いてふ)の木も箒(ほうき)になった

きりきりともみ込むような冬が来た
人にいやがられる冬
草木に背(そむ)かれ、虫類に逃げられる冬が来た

冬よ
僕に来い、僕に来い
僕は冬の力、冬は僕の餌食(ゑじき)だ

しみ透れ、つきぬけ
火事を出せ、雪で埋めろ
刃物のやうな冬が来た

詩集『道程』より