古代魚育成組

新年早々オーストラリアバラマンディを落としてしまいました。

どうもバラマンディは相性が悪く、今まで7、8匹くらい挑戦していますが、上手く育てられたのは1匹のみ。

あとは原因不明で落としています。

やっぱり幼魚のときの水質が難しいのかもしれません。

やっぱり古代魚が飼いやすい

育成水槽はブラックアロワナとマーレーコッドのみ、屋外水槽は相変わらずコチョウザメ1匹。

飼育魚の古代魚が占める割合がだんだん高くなってきています。

古代魚

  • アトランティックターポン
  • マンファリ
  • トロピカルジャイアントガー
  • ポリプテルスエンドリケリー
  • ブラックアロワナ
  • コチョウザメ

非古代魚

  • ダトニオプラスワン
  • クロコダイルスティングレイ♂
  • クロコダイルスティングレイ♀
  • マーレーコッド

6/10ということは6割。

やっぱり古代魚は飼いやすいのですかね~。生命力が強いというか・・・

ちょっと鰭が乱れているブラックアロワナ
ちょっと鰭が乱れているブラックアロワナ
コチョウザメのアップ
コチョウザメのアップ

 

ところで、正月休み中に以前のブログから過去の飼育魚をまとめて記事にしようと計画中ですが、どうだろう?できるかな?(笑)

改めて振り返ってみると結構ありました。